• Home
  • 自作パックの作り方

自作パックの作り方

肌のくすみやシミなど、トラブルが発生するとパックなどのコスメティックスのお世話になることも多いでしょう。しかし増税を控える私達の生活では、高いコスメティックスの購入を迷う人も多いはずです。そんな人はコスメティックスを自分で作ってみるのがいいでしょう。

特にパックは作り方が簡単で、普段台所にあるもので手早く作る事が可能です。自分で作るコスメティックスなら、安全性もバツグンです。一番手軽なのはハチミツを洗顔後の肌に塗るだけです。こうする事で保湿効果と肌荒れ予防効果があります。蒸しタオルで顔を包んであげると、血行が良くなり更にシットリ感が増します。

手作りパックについて

毛穴の汚れも落としたい場合は、ハチミツに小麦粉を加えてもいいでしょう。洗い流す時に毛穴の汚れも一緒に落とす事が出来ます。ボディのざらつき解消には、ハチミツ+小麦粉+きな粉がオススメです。

きな粉はスクラブ剤のように固くなった角質を軟らかくしてくれる効果があるので、ざらつきがちなひじ・ひざ・かかとなどに絶大な効果を発揮してくれます。何度も作って、自分好みのレシピを作ってみるのも楽しいですよ。

自作の場合は、自分で必要な量だけ作れるのも嬉しいところ。ですから、最初のうちはどれが自分に合うか試すために、少しずつだけ作っていろいろ試すといいでしょう。その中から、自分にぴったりのものを見つけましょう。

ヨーグルトパックの実力について

ヨーグルトパックについてヨーグルトは便秘解消や免疫力アップなどの効果があり人気の食べ物ですが、コスメティックスに利用しても驚くほど美容効果の高い食べ物なのです。

豊富に含まれるビタミンやフルーツ酸の働きで、シミケアや毛穴の引き締め効果、くすみ解消に大変効果的なコスメティックスです。どこの家庭にも買い置きがあると思うので、一度手作りコスメティックスを作ってみましょう。オススメは簡単に作れるパックです。

ヨーグルトとハチミツ、小麦粉をお好みで混ぜ合わせ冷蔵庫で少し寝かせます。落ち着いたら入浴時に顔に塗っていきましょう。こうする事で毛穴の黒ずみもすっきり落ち、しっとりとした肌を手に入れることが出来ます。コスメティックスに使用するのは、砂糖が入っていない無糖タイプを使いましょう。

週に数回パックを行うことで、明るい肌を手に入れることが出来ます。低価格で作れるコスメティックスなので、財布の負担が軽いところもオススメです。

寒い冬は暖かい湯船にじっくりと入りながら、肌を美しくしましょう。自分で作るので、無添加と言うのも安心できて嬉しいですね。肌の弱い人でも、無添加のものであれば使いやすいでしょう。意外と簡単に作れるので、お試ししてみるのも良いですね。

コスメ大好き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)