• Home
  • カテゴリー: Tシャツづくりの要点

オリジナルTシャツのプリントの種類について

手法

オリジナルTシャツにこだわりを持つ人にとって、
どういったプリントの種類があるかが気になる方は
多いと思います。

さまざまなプリント加工の方法があり、イメージを
そのままTシャツにプリントできるように制作してくれる
お店がたくさんあります。
まずはインクジェットプリントで、近年需要が高まっています。

これはTシャツの記事にデザインデータを直接インクで
吹き付ける方法です。
デザインの再現度が高いことがメリットです。
次に転写プリントで専用シートにデザインを出力し
それをTシャツに圧着させる方法です。

思い通りで

プリントでの色が多くても値段が変わらないのがメリットです。
最もよく使用される方法がシルクスクリーンプリントで
シルクスクリーンという版を1色につき1ずつ作成し、
その版にインクをのせてプリントしていくという方法です。

インクの種類を変えることで特殊なプリントが可能です。
このようにオリジナルTシャツはお店で購入する
Tシャツとまったく違いのないものを作ることができます。

オリジナルTシャツがおすすめの機会について

オリジナルTシャツはみんなでお揃いの服装をしたいときや
ロゴやメッセージなどをアピールしたいときに便利で
インパクトがあるので目立って既成品にはない
特別感があります。

イベントで

文化祭や学園祭、体育祭、合唱祭などクラスのみんなで
作り上げる学校行事のときや、部活やクラブ、サークルなどの
試合のユニフォームや応援団用の衣装、カフェやサロンなどで
スタッフが着る制服などいろいろな機会に使うことができて、
チームのマークやお店のロゴ、イベントのテーマなどの
メッセージをデザインすれば宣伝効果も抜群です。

オリジナルTシャツは販売用やプロモーション用にも便利で、
自分で描いたイラストをプリントすればコミケやフリマなどの
イベントで販売して利益を得ることができます。

kagou

新規オープンのお店のノベルティグッズにしたり、
企業のロゴを入れて粗品として配れば会社を
アピールすることができておすすめです。

学校や会社、自治体など誰でも様々な機会に使える
オリジナルTシャツを上手に活用しましょう。

オリジナルTシャツの版代が安い

オリジナルTシャツは、デザインデータを業者に入稿して
業者にプリントしてもらう事が一般的です。
その為、製造コストで掛かりやすいのが業者の版代となってきます。

販売目的で利益を出したい時やイベントスタッフ用として
使う場合には、コストを出来るだけ抑えておきたいところです。
オリジナルTシャツの製造コストを抑えるには、版代が
安い業者を選択するのが良いでしょう。

コストを抑える

このような業者は、大量発注がしやすく、大量発注を
する事で、各Tシャツの製造単価を抑える事が
可能になってきます。
オリジナルTシャツは、他では見られないデザインを
使う事によって実現する物であり、業者に制作依頼を
する前にデータ作りが重要になってきます。

安い

業者は、入稿されたデータを基にしてTシャツに
プリントをしていきますので、デザインが複雑に
なり過ぎないように、デザインデータを作っていきます。

業者の中には、素材を持ち込む事で版代を
安くするといったサービスを展開している事もあります。

7分袖でオリジナルTシャツを作りたい

オリジナルの

七分袖でオリジナルTシャツを作成したいのであれば
インターネットで申し込むことができる業者を活用すると
簡単に作成することができます。

オリジナルデータを送信して、それをもとに作ってもらうことと
なりますが、基本的なデザインはテンプレートで選ぶことが
可能な業者もあります。

そのため、例えば使いたい写真を送信して、それをもとに
すでにあるテンプレートを組み合わせることで、七分袖の
オリジナルTシャツを作成するといったことも可能です。

好み

インターネットで申し込むことのメリットは、必要な機材を
用意しなくてもよい点にあります。

もし自分で作るとなると、専用の転写用のシートを購入して
それに印刷して、最後にTシャツに貼らなくてはならないなど
面倒です。それに加えて、仕上がりがどうしても
悪くなってしまいます。

その点、業者を活用すれば自然な仕上がりを期待することが
できますし、価格もそこまで高くはありません。
そして、手軽にオリジナルTシャツを作ることができます。